So-net無料ブログ作成

焼き鳥の串 [消化器]

先日焼き鳥の串を3本も飲んでしまったワンコを診察いたしました。
幸い胃の中にあった串を内視鏡で取り出すことができましたが、
腸に穴があいて腹膜炎を起こしたり、稀な例ですが腸を突き破って
大きな血管に穴をあけて出血死した例もあるようです。
渋谷の忠犬ハチ公も死因は分かりませんが死後解剖したときには、
焼き鳥の串がおなかの中にたくさん入っていたようです。

わんちゃんは意外と大きなものも飲み込んでしまいます。
吐き出させることが出来ることもありますが、手術して取り出したり
内視鏡で取り出したりしなければいけないこともあります。
当然亡くなってしまうこともありますので、異物を飲みこまないよう
十分注意してください。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

アセトアミノフェン中毒 [中毒]

アセトアミノフェンとは薬局で一般的に売られている風邪薬の主成分です。
解熱鎮痛作用がありますが、イブプロフェンやアスピリンなどの非ステロイド性抗炎症薬
と異なり消炎作用は持っていません。
胃への刺激や血液凝固への影響も少なくヒトでは大量に接種しない限り安全性の高い薬
なのですが、犬・猫では少量でも中毒を起こす可能性もあります。
特に猫では1錠飲んだだけでも危険なのですぐに動物病院を受診してください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

シラミ [皮膚]

久しぶりにシラミを見ました。
犬に寄生するシラミはイヌジラミとイヌハジラミです。
イヌジラミは血液を吸いますが、イヌハジラミは皮膚を食べます。
ヒトのシラミが犬にうつらないように、犬のシラミはヒトにはうつりません。
今回のシラミはイヌハジラミでした。

札幌ではノミもシラミも非常に珍しいです。
寄生された犬は皮膚炎を起こしひどく痒がります。
よく効く駆虫薬がありますので、大きな問題になることはまずありません。

タグ:犬 シラミ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。