So-net無料ブログ作成
検索選択

盗み食い [消化器]

 猫でみられることはまずないですが、食欲の旺盛な若いワンちゃんでは、
盗み食いをしてしまうことがあります。

ほとんどの場合は、ドッグフードをたくさん食べ過ぎてしまっただけで大きな
問題になることはあまりありません。
時間が経てば消化されて症状も治まります。

ただし、ゴミ箱をあさってしまった場合は緊急事態です。
たまねぎなどのネギ類や、観葉植物など身の回りにみられるものでも
中毒を起こすものはたくさんあります。
また、ビニールや梅干の種、長いひもなどを食べてしまった場合は腸閉塞を
起こすかもしれません。

食べてからあまり時間がたっていなければ吐かせることも可能です。
すぐに動物病院を受診してください。


タグ:盗み食い
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

慢性腎不全 [泌尿器]

 腎臓の機能には、体に不必要となった老廃物や毒素を尿として排出
するほか、骨の代謝・造血・体液の平衡状態の維持などがあります。
腎臓の約75%以上の機能が何らかの原因によって障害されると、異常な
症状がみられるようになり、この状態を腎不全といいます。腎不全が
進行すると、毒素などが体内に蓄積されるため、全身の臓器にさまざまな
障害を与えることになります。これを尿毒症といい、非常に危険な状態です。
腎不全には急性と慢性があります。数時間から数日のうちに急激に悪化
するものを急性腎不全。数年以上にわたる経過でしだいに腎機能が低下
していくものを慢性腎不全と呼びます。

 初期には無症状です。病気が進行すると水をたくさん飲んで、おしっこ
たくさんするようになります。さらに進行すると食欲にムラが出るようになり、
体重が減少し、少し毛がパサパサしてきます。さらに進行すると嘔吐や
下痢がみられるようになり、息もくさくなり、呼吸が早くなったり、中には発作
を起こして倒れてしまうこともあります。また貧血を起こして舌が白くなったり、
腎不全からくる高血圧により失明してしまうこともあります。

 完治させることはできませんから、治療の目標は症状を軽減し、腎不全を
進行させる要因を改善することです。

 初期の段階で診断し適切な治療を行えば、通常に近い生活を送ることが
出来ます。ただし、完全に進行を止めることは出来ませんので、定期的な
検査と治療の継続が必要です。

 初期の症状は、あまりはっきりしたものではありません。特にネコちゃんに
多い病気ですから、5才になったら毎年血液検査を行うことをお勧めいたします。

タグ:腎不全
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

うさぎのパスツレラ症 [うさぎ]

 パスツレラ症とは、ウサギに最もよく発生する細菌感染症の一つで、
Pasteurella Multocidaという細菌が原因です。パスツレラ菌に感染すると
ウサギは一生この菌を保菌し、また薬剤投与により完治することのない
やっかいな病気です。

原因菌
 パスツレラの人間への感染については、その大半が犬や猫の口腔内に
正常個体でも常在している菌が咬み傷から侵入して起こるもので、ウサギ
から人間へ感染することはほとんどないと考えられます。しかし、ウサギの
目やにや鼻汁、傷口などを指先などで触ったりするのはやめましょう。

広がりの様式
 菌は鼻腔から侵入し、その後は体のほとんど全ての器官へと移動する
ことができます。まず、菌は耳管を通って耳に、鼻涙管を通って結膜に、また
気管を経由して肺へ移動してゆきます。また血液によっても運ばれ、心臓
肺、そして肝臓や膵臓、生殖器のような内部臓器に病変を起こすことも
あります。
皮膚から侵入すると皮下膿瘍を引き起こします。冒されたウサギでは多くの
場合、症状の出ない不顕性感染となり、ストレスが加わることによって明白な
症状を現します。
 パスツレラは鼻汁や目やに、呼吸飛まつにより感染するので、同一ケージ内
のウサギは次々と感染してしまいます。また症状が軽減しても保菌者になり、
体力が低下した時に発症しやすく、栄養不良、衰弱、その他の疾患などが
発病の誘因となります。

症状
①パスツレラ症の典型的な臨床症状は、粘液膿性の鼻汁で、くしゃみ、咳、
鼻づまり、そして鼻を鳴らす音などが伴います。これらの徴候が、この疾患が
しばしば『スナッフル、鼻カゼ』と呼ばれている理由です。
②こうした鼻からの滲出液は前足へ擦りつけられる場合もあります。
③眼に症状が出る場合は、結膜は赤く腫脹し、いわゆる赤目のような状態に
なります。
④皮下に感染が生じると膿瘍が形成されます。母指頭大の小さなものから、
鶏卵大位の大きさのものまで、様々な部位に発生してきますが、特に顔周辺に
発生してくることが多いようです。
⑤食欲不振や、下痢症状といった漠然とした症状のみしか示さないこともあります。
こうした症状は通常長く続き、衰弱して死亡するケースもしばしば見られます。
⑥『スナッフル、鼻カゼ』が進行してゆくと、肺へ感染が成立し、化膿性肺炎や
胸膜炎(膿胸)に陥ることもあります。
⑦斜頚は中耳から脳内へ菌の感染が起こるために生じてきます。
⑧突然死が起こることもあります。これは菌がエンドトキシンという毒素を作り出す
ためです。毒力は極め強いものであり、一見健康そうにみえたウサギに突然死が
きたケースではエンドトキシンを疑う必要があります。

治療
 パスツレラ菌を攻撃することができる抗生物質の投与が基本となります。ただし
たとえどんなに高用量を投与しても、体内の菌を全て殺してしまうことはできません。
多くの場合、鼻道内の迷路状になった穴や、口腔内、子宮内部などで抗生物質から
逃れて生き延びているようです。また一見完治したように見えても、そのウサギは
保菌者です。抵抗力が低下したり、急激な気温変化や、妊娠、その他のストレス因子
が引き金になり再発する可能性が高いのです。
 抗生物質の投与期間中は症状がコントロールされていても、投薬を中止すると再発
する例もしばしば見受けられます。
 顔周辺にできた膿瘍は、可能であれば手術により切除しますが、やはりしばしば
再発します。ただし膿瘍が小さく、切除しやすい位置に限局していれば、切除治療は
可能かも知れません。
 パスツレラによる肺炎や肝炎は極めて予後が悪いのが現状です。激しい呼吸困難
などを生じ、また幼弱ウサギが急性肺炎を起こすと病勢は激しく、何の症状もないまま
死亡することがあります。抗生物質療法と共に皮下点滴による水和と体液補正、
エンドトキシンの希釈を行います。また同時に各種ビタミン剤や強肝剤、食欲が無ければ、
食欲増進剤の投与や強制給餌も行います。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。