So-net無料ブログ作成

皮膚のしこり [皮膚]

 ペットの体におできのようなものが出来ることはよくあります。
外から見えて、触ることも出来ますから気になりますよね。
何の病気か調べて欲しいと来院される方も多いです。

 動物病院ではこのようなしこりを診断する時には、まず針を
刺して中の細胞を顕微鏡で確認します。細い針を刺すだけなので
ほとんどストレスはかかりません。上手く細胞を採取できると
たくさんの情報が得られますので、おおよその診断はつきます。
すぐに手術しなければいけないのか、様子をみてよいのかの判断も
可能です。

 皮膚にできるガンもたくさんあります。簡単な検査で治療方針を
立てられます。手遅れにならないように、しこりを見つけたら必ず
動物病院で診察を受けましょう。

シラミ [皮膚]

久しぶりにシラミを見ました。
犬に寄生するシラミはイヌジラミとイヌハジラミです。
イヌジラミは血液を吸いますが、イヌハジラミは皮膚を食べます。
ヒトのシラミが犬にうつらないように、犬のシラミはヒトにはうつりません。
今回のシラミはイヌハジラミでした。

札幌ではノミもシラミも非常に珍しいです。
寄生された犬は皮膚炎を起こしひどく痒がります。
よく効く駆虫薬がありますので、大きな問題になることはまずありません。

タグ:犬 シラミ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。