So-net無料ブログ作成
検索選択
内分泌 ブログトップ

甲状腺機能低下症 [内分泌]

ワンちゃんにも甲状腺機能低下症という体の中の甲状腺ホルモンが足りなく
なってしまう病気があります。猫ちゃんにはほとんどみられません。

この病気は症状がはっきりしません。甲状腺ホルモンは全身の細胞に作用して
細胞の代謝率を上昇させるホルモンですから、様々に器官系統に影響が出るの
ですが、症状は明確ではありません。
しかし神経系や心血管系に症状がでることもありますので命にかかわることも
あります。

毛が抜けたり、体重が増えたり、無気力になったりするのですが、年を取ってから
発病することがほとんどなので、老化と区別することが難しいです。
特にビーグルとゴールデンレトリバーによくみられますので注意して観察して下さい。

一般的な原因によるものであればホルモンを補充することによって健康なワンちゃん
と同様の生活を送ることが可能です。

血液検査と症状、治療に対する反応を観察することによってほとんど診断可能ですから、
何か気になる症状があればお近くの動物病院を受診して下さい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
内分泌 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。