So-net無料ブログ作成
耳鼻咽喉 ブログトップ

耳ダニ [耳鼻咽喉]

犬の耳にも猫の耳にも寄生する寄生虫です。
正式にはミミヒゼンダニといいます。

直接の接触により感染するためノラ生活をしていた猫や
多頭飼育されていた犬、猫にみられます。
強い痒みを伴い、ほうっておくと重度の外耳炎を起こします。
耳垢を顕微鏡で観察すると虫体が見えますので検査は簡単です。

真っ黒な耳垢と強い痒みが特徴です。
このような症状が認められたら一度検査することをおすすめします。
タグ:耳ダニ

外耳炎 [耳鼻咽喉]

暑い日が続いています。

ワンちゃんの耳はヒトと違い耳の穴から鼓膜までの距離が長いです。
また、分泌腺を持ち、耳の穴をふさぐように耳が垂れているため、
耳の中の環境がじめじめしているため、外耳炎を起こしやすいです。

特に夏のじめじめした暑い日には、耳の中もよりじめじめするため
外耳炎を起こしやすくなります。

外耳炎だけでは大きな問題になることは少ないですが、鼓膜まで炎症が
進んでしまい中耳炎や内耳炎まで進行してしまうと、内科的な治療だけでは
完治できないことも多く、外科手術を行うこともあります。

ワンちゃんが耳を痒がったり、頭を振ったりしている時は要注意です。
また、怒りっぽくなったり、元気が無くなるワンちゃんもいます。
何か異常があれば早めに受診しましょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
耳鼻咽喉 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。