So-net無料ブログ作成
泌尿器 ブログトップ

慢性腎不全 [泌尿器]

 腎臓の機能には、体に不必要となった老廃物や毒素を尿として排出
するほか、骨の代謝・造血・体液の平衡状態の維持などがあります。
腎臓の約75%以上の機能が何らかの原因によって障害されると、異常な
症状がみられるようになり、この状態を腎不全といいます。腎不全が
進行すると、毒素などが体内に蓄積されるため、全身の臓器にさまざまな
障害を与えることになります。これを尿毒症といい、非常に危険な状態です。
腎不全には急性と慢性があります。数時間から数日のうちに急激に悪化
するものを急性腎不全。数年以上にわたる経過でしだいに腎機能が低下
していくものを慢性腎不全と呼びます。

 初期には無症状です。病気が進行すると水をたくさん飲んで、おしっこを
たくさんするようになります。さらに進行すると食欲にムラが出るようになり、
体重が減少し、少し毛がパサパサしてきます。さらに進行すると嘔吐や
下痢がみられるようになり、息もくさくなり、呼吸が早くなったり、中には発作
を起こして倒れてしまうこともあります。また貧血を起こして舌が白くなったり、
腎不全からくる高血圧により失明してしまうこともあります。

 完治させることはできませんから、治療の目標は症状を軽減し、腎不全を
進行させる要因を改善することです。

 初期の段階で診断し適切な治療を行えば、通常に近い生活を送ることが
出来ます。ただし、完全に進行を止めることは出来ませんので、定期的な
検査と治療の継続が必要です。

 初期の症状は、あまりはっきりしたものではありません。特にネコちゃんに
多い病気ですから、5才になったら毎年血液検査を行うことをお勧めいたします。

タグ:腎不全
泌尿器 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。